機器によって価格も変わる

エアコン

夏の暑さを防ぎ、冬は暖かく過ごすためにはエアコンはとても役立つ存在です。一般家庭では家庭用エアコンを利用していますが、より広いオフィスや店舗になると、家庭用の機器ではパワー不足になります。それゆえ、より強力なパワーがある業務用エアコンを選ぶことになります。家庭用の機器よりも馬力もあり、高性能となりますので、費用がどれぐらいになるのかも気になるところです。まず、業務用エアコンも色々な商品がありますので、選ぶ機器によっても変わってきます。すっきりとした天井埋め込み型から、据え置きタイプ、さらに壁影タイプや天井から吊るすタイプもあります。そして、部屋の広さや設置する場所によっても選ぶ機器は変わってきます。商品によって価格差はありますが、業務用となると安いものでも10万円ぐらいからと考えておきたいところです。20~30万円程度の機器もよく選ばれています。

広さで選ばないこと

家庭用のエアコンを購入するときは何畳用など、部屋の広さによって選ぶことが多くなっています。業務用エアコンもそうした選び方でよいのではないかと考えている人も多いのではないでしょうか。業務用の場合は、ただ部屋の広さだけで選んでしまうと失敗してしまう可能性もあります。例えば、同じ広さでもオフィスの場合と飲食店の場合ではエアコンの効率も変わってきます。静かなオフィスで、少人数で過ごすのであれば、比較的コンパクとで馬力も弱めのものでも十分冷える可能性がありますが、厨房や客席で火を使うような飲食店では、パワーが不足してしまう可能性もあります。エアコンに負荷をかけないためには、より馬力のあるエアコンを選んでおくほうが安心です。

専門業者に相談しよう

業務用エアコンの選び方で悩んだ場合は、専門業者に相談してみることもおすすめです。業務用エアコンを販売、設置している業者は、オフィスや飲食店、スーパーや美容室など様々な場所に設置していますので、プロならではの経験で最適なエアコン選びをサポートしてくれます。業務用エアコンを販売している業者は多く存在しますが、同じ機器であっても販売価格や工事費用には差があります。業者によっては大幅な割引があることもありますので、割引率なども比較しておきたいところです。業者選びで迷ったときは、一社だけで決めてしまわずに複数社から見積もりを取り安く提供している業者を選んでいきましょう。エアコンは設置したらそれで終わりではなく、故障や不具合があった場合のメンテナンスも必要です。ただ安いからと安易に選んでしまわずに、設置後のアフターサポートや保証がしっかりとしている業者を選んでおくと、故障や不具合が発生した場合も安心です。